敏感な赤ちゃんの肌を守る|アトピーは専門医に相談

赤ちゃんの肌はデリケート

お母さんと赤ちゃん

赤ちゃんのお肌はデリケートなため乳児湿疹の症状に悩まされます。大切なのはとにかく体を清潔に保ってあげることです。お肌を清潔にしていれば乳児湿疹は必ず治る症状です。毎日のケアを欠かさずに綺麗なお肌にしてあげたいですね。

もっと知ろう

肌の潤いを保つために

乳児

赤ちゃんの肌を乾燥から守るために、ローションや加湿器を活用すると潤いを保つことが出来て肌トラブルを事前に防げます。親子で使用できる保湿ローションなら、ママのスキンケアに時間をかけずに済むので便利です。

もっと知ろう

慣れれば外出時も安心

親子

できるだけ早いうちに哺乳瓶に慣れさせれば、外出時も安心です。哺乳瓶の口が密着するタイプを使えば、母乳と近いためすぐに馴染んでくれるでしょう。また最近は、空気を飲みにくい形状をしたものも人気です。吐き戻しが少なく、げっぷが軽くなります。使い捨ての哺乳瓶もあり、忙しいお母さん達の人気を集めています。

もっと知ろう

子供を守るために

手

何が原因なのか

アトピーは子供に多い病気です。抵抗力のない赤ちゃんがアトピーの症状になった場合には、いくつかの原因が考えられます。まずは、食物に対するアレルギー反応が考えられます。特定の食事をあげることで症状が表れるなら、その食事は控えたほうがいいでしょう。また、ハウスダストによるアトピーなら、住宅を清潔に保つことが大切です。そして精神的な要因、ストレスによって発生するケースもあります。赤ちゃんの快適な空間を維持して、症状の発症を防ぐことが大切だといるでしょう。赤ちゃんがアトピーになったと感じたら、自己判断で済ませるのではなく、専門医の診察を受けるようにしましょう。これは肌に湿疹が現れても、アトピーではないときがあるためです。もちろんその場合は、当然対処法が変わります。意思疎通が難しい相手だからこそ、保護者の方が注意せねばなりません。

対処の仕方

アトピーは年齢によって症状が異なります。これは皮脂の分泌が異なるためです。生後三ヶ月から1歳の赤ちゃんの場合は、顔や頭、そして耳に湿疹が出てきます。アトピーは肌を清潔にすることにより症状の改善が望めます。殺菌力の強い石けんで、入浴時に湿疹の部分を洗ってあげるようにしましょう。ただし、科学的な成分や香料は極力不使用のものが好ましいです。なお、その際には柔らかいガーゼや手を使いましょう。へちまなどでゴシゴシとこすったりすると、逆に危険です。赤ちゃんがアトピーになってしまった際に必要なのは、まず第一に保護者が慌てないことです。保護者が不安になると、赤ちゃんはそのことからストレスをため、症状を悪化させてしまいます。成長すれば治ると考え、気長に取り組みましょう。