敏感な赤ちゃんの肌を守る|アトピーは専門医に相談

赤ちゃんの肌はデリケート

お母さんと赤ちゃん

原因や症状を確認しよう

赤ちゃんの柔らかくすべすべのお肌はずっと触っていたくなるような気もち良さですね。そんなすべすべの赤ちゃん特有のお肌も乳児湿疹によって赤くなったり悪化するとグチュグチュしてしまったりとお肌の状態が心配になりますね。生まれて間もない赤ちゃんのお肌はとてもデリケートにできており皮脂と汗の分泌は盛んですがお肌の表面はとても乾燥しやすい状態です。乳児湿疹にも種類や症状が多数あり多く聞かれるのがあせもと乳児脂漏性湿疹です。乳児湿疹の原因やお肌の症状により対処法が変わってくるので赤ちゃんのお肌の症状をよく確認して綺麗なお肌に戻してあげましょう。見ただけではわからない場合は皮膚科や小児科で診察してもらい対処法を確認しましょう。

清潔に保つことが大切です

乳児湿疹に特に多いのは乳児性脂漏湿疹です。皮脂や汗の分泌が活発なため顔や頭にかさぶたやフケのようなものが出る症状です。入浴時に丁寧に良く洗ってあげることが大切です。洗う時には刺激の少ない石鹸やボディーソープを使い赤ちゃんのデリケートなお肌を傷つけないよう気を付けましょう。特に暑い時期に多く赤ちゃんだけでなく大人も悩まされる症状があせもです。汗をかいたらこまめにふき取ったり着替えさせてあげましょう。また、赤ちゃんはよく汗をかくので日頃から着せすぎないよう注意しましょう。どちらも赤ちゃんの身体を清潔にしておくことが大切です。これらの対処法を行っても乳児湿疹が改善しないときはアトピー性湿疹や食物アレルギーによる湿疹も考えられるので病院で検査をしてもらうのがお勧めです。