敏感な赤ちゃんの肌を守る|アトピーは専門医に相談

慣れれば外出時も安心

親子

ストレスにならないものを

哺乳瓶を嫌がる子は、外出時に困ってしまいます。授乳室の無い場所には、なかなか行くことができません。お母さん以外からの授乳ができず、預けて外出するのも難しくなるでしょう。そのため、早いうちから哺乳瓶に慣れることが肝心です。生まれたらすぐに使えるよう、妊娠中から準備しておきましょう。お勧めの哺乳瓶は、口がぴったり密着するものです。このタイプは、寝転んで飲んでいても空気が漏れません。かなり母乳に近い形と言え、赤ちゃんも喜ぶでしょう。また、軽くて持ちやすいことも重要です。重いと赤ちゃんは落としてしまい、こぼれたらストレスとなります。小さめで軽いものを選びましょう。快適な哺乳瓶であれば、赤ちゃんもすんなりと使ってくれるはずです。

人気の最新タイプ

最新の哺乳瓶は、赤ちゃんのストレスを軽減するだけではなく、機能的にも優れています。人気があるのは、独特のカーブを持った哺乳瓶です。オーソドックスな形とはかけ離れますが、空気を飲みにくい形状をしているため、げっぷが軽くなります。また吐き戻しも少ないため、赤ちゃんにもお母さんにも嬉しいでしょう。また、消毒不要の使い捨てタイプも人気です。哺乳瓶には煮沸消毒が付きものです。これはかなりの手間となり、忙しいお母さん達の悩みの種でした。しかし使い捨てタイプであれば、いつでも袋から出すだけで使用できます。軽くて機能的なため、赤ちゃんのストレスにもなりません。少し費用がかかりますが、外出時や手が離せない時だけ使うこともできるでしょう。